株式会社サジェスト-スタイルレジデンスR:CHORD

  • R:CHORD イメージ
  • R:CHORD イメージ

R:CHORD
上質さを理解し追求する、都会の新大人世代へ。

R:CHORD
アルコード

個性的で上質なデザインを探求し、オリジナリティを表現する。街とロケーションの特性を最大限に活かしたランドプラン、高い耐久性と機能性により、歳月を重ね世代を超え、家族と街の財産として受け継がれていきます。「R:CHORD(アルコード)」が目指したのは、時を愉しみ、大切に過ごしていける住まい。

-何気なく、きらめきを放って続く、映画のワンシーンのような日常。そこに暮らすことは、その豊かで温もりのある時間を、しっかりと積み重ねていくことを意味しています。

R:CHORD Shiki イメージ

R:CHORD Shiki イメージ

R:CHORD Shiki
アルコード志木

落ち着いた佇まいと成熟した雰囲気のパークフロントで、確かな存在感を放つ凛としたデザイン。時と共に魅力を高めるマテリアルを使用し、新しさと普遍的な価値の両面からその美しさを追求。
インテリアには質感豊かな本物だけを厳選したマテリアルを。緻密な計算と大胆な組み合わせが互いの素材感を引き出すとともに、空間全体の調和を図ります。
こだわりを尽くしたディテールが、絶景と建築の絶妙なバランス感と、建築そのものの美しさを実現させました。

R:CHORD Hikifune Cocon イメージ

R:CHORD Hikifune Cocon イメージ

R:CHORD Hikifune Cocon
アルコード曳舟ココン

曳舟の地に残る伝統が培った機能美と先進のマテリアル、そして現代建築の手法を融合し、伝統と進化が共存する曳舟の地にふさわしいハイブリッドなデザインを追求。
新しくも落ち着いたその表情は、時を経ても古びることのない、普遍的な価値を持つ住宅デザインを実現しました。

R:CHORD Kawasaki イメージ

R:CHORD Kawasaki イメージ

R:CHORD Kawasaki
アルコード川崎

R:CHORD Kawasaki Dual
アルコード川崎デュアル

ソリッドとカジュアル、2つの相反するスタイルがクロスする二律背反の美意識。東京と横浜、2都の感性が交差する。
近年、駅前の発展が目覚ましい「川崎」駅。その希少な東口徒歩圏内という立地に誕生する「アルコード川崎・アルコード川崎デュアル」。駅前の洗練された再開発に呼応するように外観デザインは、打放しコンクリートとタイルで構成する都会的でソリッドなデザインとし、異素材が生み出すグラデーションがファサードに豊かな表情を与え、この物件の印象を特徴づけています。
また、インテリアデザインには建築家「藤井直也」氏を迎え、所謂既存のマンションがコンセプトに据えているシンプルモダンやゴージャズといった高級志向を追求するのではなく、等身大でカジュアルなインテリアスタイルをここ川崎から新たに発信しています。それは、ファッションで例えるならコットンリネンや洗いざらしのシャツのような気取らないリラックスできるインテリアスタイル。この2つの相反するデザイン美学が「アルコード川崎」を個性的で特別なものに魅せられています。

R:CHORD Kitakogane イメージ

R:CHORD Kitakogane イメージ

R:CHORD Kitakogane
アルコード北小金

スペイン・アンダルシア地方。青く、美しく透き通った地中海を眼下に臨むミハスは「白い家の町」として知られ、自然が生んだ丘陵の美しさと、オレンジ色の屋根瓦、白い塗り壁の家々がつくる趣とが調和しています。数百年の時をかけて熟成し、住み続けられてきた住まいでは、豊かな時を愉しみ、人生を愛する人々の暮らしが営まれています。
「R:CHORD 北小金」は、その町と住まいの伝統美、そして現代の様式美を融合させた「MIJAS MODERN(ミハス・モダン)」をまとい、高さ約9mの擁壁の上に印象的なフォルムで佇む。緑あふれる街並みと調和し、高台に寄り添うようにつくられた新しい住まいは、これから積み重ねられてゆく時間によって、愛するべき風景の一部になってゆきます。

top of page